キャッシング即日融資

現在、キャッシングを利用している人は全国で1,400万人以上とも言われています。
キャッシングはお金を借りたい時に、比較的簡単にお金借りれるサービスです。
中でも即日融資はお金を借りるうえで、もはやなくてはならないサービスとなっています。

 

 

「今日中にお金を用意しなければならないけれど、申込をしても審査にとおるかどう不安」と言う方もおられます。

 

キャッシングは給料をもらって普通の生活をしていれば、審査に落ちる事はありませんが、それでも不安な方は、ホームページにある「借入前診断」などを利用してみましょう。「借入前診断」は簡易的な判断ができるので、申込前に試してみるのもよいでしょう。


 

即日融資は申込時間が重要

即日融資で借りる時はキャッシング会社のホームページに、契約や手続きを済ませておかなければならない時間が書かれているので、必ずその時間内に終わらせていなければなりません。

 

ほとんどの場合、平日の午後2時までに契約や借入手続きが終れば、指定した銀行口座へ振込をしてもらえます。そのためにも、できれば午前中に申込を済ませる事がポイントです。

 

ただ、申込をする曜日や時間帯によっては混雑することもあるので、審査に時間がかかってしまい、銀行の営業時間内に間にあわない事もあるので、出来るだけ早く申込をする事をおススメします。

 

申込前に必要書類を用意してお

キャッシングの申込には必ず必要になる書類があります。
必要書類と呼ばれる書類で、申込者がまちがいなく本人であるという事を確認するための書類です。

 

本人確認書類として、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写しのどれかひとつが必要になるので事前に用意しておきましょう。

 

引っ越しや転勤などで、申込書に記入した現住所が、運転免許証に記載されている住所と異なる場合は、別途、社会保険料の領収証や納税証明書、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)の写しも必要になります。

 

これらの書類は必ず必要になる書類なので、審査をスムーズに終わらせるためにも、申込前に携帯カメラやスキャナなどで画像保存しておきましょう。

 

収入証明書類が必要になる場合

消費者金融や信販会社は、貸金業法の対象になり、総量規制で貸付限度額は年収の3分の1以内と決められています。

 

そのため、消費者金融や信販会社のキャッシングは、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社に借入がある場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合、直近の給与明細書(1〜2か月)や最新の納税証明書、源泉徴収票などを提出してもらい、年収の3分の1を超えていないかの確認が義務付けられています。

 

銀行カードローンは銀行法が適用になるので、総量規制の対象外となり、年収で融資限度額は決まりません。なので、銀行は独自の基準を設け、100万円以下は収入証明不要の銀行や、200万円、300万円以下なら収入証明書類が不要という銀行カードローンがあります。

 

ただ、即日融資で借りたい時は、収入証明が不要な借入希望額で申込をしましょう。
収入証明書類が必要になる申込は審査も厳しくなるので、消費者金融へ申込む時は50万円以下、他社借入がる場合は合計金額が100万円以下で申込む事をお勧めします。

 

自分の環境に合わせた申込方法を利用する

キャッシングの申込方法には多くの方法があり、店舗窓口や郵送、電話、無人契約機、パソコンやスマホを使ってインターネットで申込方法があるので、自分の環境合わせた方法が選べます。

 

現在人気がある申込方法はインターネット申込で、パソコンやスマホ、携帯で24時間どこからでも申込ができるので、店舗に出入りしているところを見られたくない女性や、昼間会社から出られない方にとって人気があります。

 

 

インターネット申込は、キャッシング会社のホームページに用意されている申込書に記入して送信します。送信が終わると仮審査がおこなわれ、すぐに審査結果がメールや電話で連絡があります。

 

審査結果や融資限度額を確認した後、画像保存した本人確認書類の写しをメールに添付して送信すると、本審査がはじまり、在籍確認などを終えて契約になります。もし、契約が銀行の営業時間外になった時や、土日や祝日といった休日に借りたい時は無人契約を併用する方法も利用できるので心配ありません。


 

インターネット申込と無人契約機を併用する場合

キャッシング会社のホームページから申込をして、仮審査まで終えておきます。仮審査を終えたあと、無人契約機へ行き、無人契約機で本審査を受けます。本審査に通ればその場でカードが発行されますので、そのカードを使って提携ATMからお金が引き出せるようになるので銀行の営業時間を気にする必要はありません

 

365日利用が可能な無人契約機

大手消費者金融や一部の銀行カードローンには無人契約機を設置しているところがあります。無人契約機は365日午前9時から午後9時〜10時までが営業時間なので、契約が銀行の時間内で終わらない時や、土日や祝日に借りたいという場合でも、無人契約機でカードを発行してもらえれば即日融資でお金が借りられます。

 

無人契約機で本審査を受ける場合は、本人確認書類をスキャナーに読み込ませるので、忘れずに持って行きましょう。

 

新生銀行カードローンレイクは2種類の無利息キャッシングがある

元、消費者金融であり、現在は新生銀行カードローンとなったレイクがあります。
レイクのキャッシングでは、初めて利用する方に対し契約翌日から適用の無利息期間が2種類用意されています。

 

一つは30日間無利息です。
借入金額の満額が対象となり、30日間は利息がかかりません。
もう一つは180日間無利息です。
こうしてみると断然180日間の方がお得に感じるかもしれませんが、180日間無利息は借り入れ金額のうち5万円までが対象となります。
どちらが適切な無利息期間になるのかを、公式ホームページにある「どっちがオトク?シミュレーション」を使って検証してみましょう。

 

しかし5万円以内のキャッシングであれば180日間、およそ半年もの期間利息がないレイクが間違いないでしょう。

 

無職の人が消費者金融で即日融資を受けれる可能性はどれぐらい?

「無職」と言っても、状況によって消費者金融での扱い方は変わってきます。独身者で仕事をせずに両親の援助などを頼りに生活している状態の人が消費者金融で即日融資を利用することはおろか、契約すること自体がまず不可能です。しかし、自分自身で収入を得ていないと言う点では同じですが専業主婦の場合は消費者金融から即日融資でお金を借りられる可能性はあります。

 

まず、大前提として「収入がない人は消費者金融と契約することが出来ない」と言うことを理解することが重要ですが、専業主婦に限っては特例定期に収入を得ていない状態でも契約・即日融資の利用が可能になります。

 

独身で収入を得ていない人、仕事をしていない人は除き、専業主婦が即日融資を利用する為の方法を紹介します。と言っても、基本的な契約までの方法は通常と同じものなので大きな問題になることは無いのですが、一点だけ全く違う点があります。それは「配偶者の同意の必要性」です。

 

全ての状況において配偶者の同意が必須となる訳では無いのですが、一部の消費者金融カードローンを利用する為には「書面で配偶者の同意を得る」という条件が付きます。そもそも専業主婦には返済能力が無い為、契約時の審査は「配偶者の属性」を元にして判断されます。それに当たり、配偶者の同意が無ければ申し込みを受け付けてもらえない場合がある為、配偶者の同意書を持って申し込みに臨む必要があります。ただし、全ての場合で必須となる訳では無く、内緒のままで契約できる場合もあります。

  金利 30万円金利 50万円金利 100万円金利
オリックス銀行 3.0%~17.8% 12.0%~17.8% 9.0%~14.8%
バンクイック 4.6%〜14.6% 12.6%〜14.6%
みずほ銀行 3.5%~14.0% 14.00% 14.00% 12.00%
ソニー銀行 2.5%〜13.8% 13.80% 13.80% 9.80%
イオン銀行 3.8%〜13.8% 13.80% 13.80% 8.80%
新生銀行 4.5%〜18.0% 15.0%〜18.0% 12.0%〜15.0%
楽天銀行 4.9%〜14.5% 14.50% 9.6%〜14.5%
住信SBIネット銀行 8.99%〜14.79% 14.79%
セブン銀行 15.00% 15.00%
じぶん銀行 2.4%〜17.5% 17.50%

払えないは絶対ダメ!キャッシングは早い完済が基本

借りた以上、払えないということはあってはなりません。
キャッシングをするのであれば返済計画を入念に考える必要があります。

 

消費者金融でのキャッシングは、早い完済が最も重要になります。
金利は低いわけではありません。
大手消費者金融では18.0%が上限金利です。
金利が低いと言われている消費者金融のプロミスでも上限金利が17.8%となっておりそれほどの違いがないことがわかります。

 

だからこそキャッシングは短期返済が基本です。
すぐに返済ができるキャッシングであれば、充実したサービスを活用して便利に利用することができるでしょう。
返済の計画を立てるためには、公式ホームページで各社が用意している返済シミュレーションを使いましょう。