キャッシング即日融資

即日キャッシングは収入証明不要で申込む

手持ちのお金が少なく、給料日までの間お金を借りたいという時があります。
そんな時、便利なのがキャッシングの即日融資を申込むのもひとつの方法です。

 

ただ、即日融資で借りるには、申込から契約までをいかに早く終わらせるかにかかってきます。そのためには、必ず必要になる書類が有るので、事前に用意しておけば審査はスムーズに流れます。

 

キャッシングの必要書類とは

消費者金融のキャッシング、銀行カードローンの申込で、用意しなければならない書類で本人確認書類があります。本人書類は、申込者が本人に間違いない事を確認するための書類で、どこへ申込むにしても最低限この書類だけは用意しておく必要があります。

 

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写し1点が必要になります。引っ越しなどで現住所と、本人確認書類に記載されている住所が違う場合は納税証明書や、社会保険料の領収証、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)の写しを用意する必要があります。

 

その他の追加書類

消費者金融は貸金業法で、借入希望額が50万円を超える時や、他社借入れがあり、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える時は、別途「収入証明書類」を提出しなければなりません。

 

収入証明書類には、源泉徴収票や直近1〜2カ月分の連続した給与明細、納税証明書、所得証明書、などの書類をいいます。

 

銀行カードローンは銀行法が適用されるので、総量規制に影響されません。
そのため、銀行カードローンの場合、銀行によって基準が違うので、収入証明書類を必要とする借入希望額が100万円以下や200万円以下、300万円以下は不要というように銀行ごとで違ってきます

 

即日融資は収入証明不要で申込む

即日融資で借りる場合は、いかに手続きを早く終わらせる事が重要になります。
事前に書類を用意して申込をすれば、あとはキャッシング会社が進めていくだけです。

 

ただし、収入証明書類が必要な借入希望額にすると、審査に時間がかかってしまうのと、いくら多くても初回融資額は50万円以下になる事がほとんどなので、無駄に借入希望額を多くしても審査に時間がかかるだけになってしまいます。

 

審査をスムーズに進めるためにも借入希望額は、収入証明書類不要の希望額にするのがポイントです。